OPPO RENOAのスマートサイドバーとは?

OPPOシリーズを使い慣れている方ならお馴染みとなっている、フォルダ式の「スマートサイバー」が本体サイドに搭載されています。RENOAでは、画面右側に搭載されておりタップすると、「カメラ」や「SNS」などのアイコンが表示されます。タップするだけでこの画面が表示されるので、利便性はとても良いのですが、人によっては画面をスワイプした時に邪魔になる方もいるかもしれません。動画を見たり、ネットで調べものをよくされる方には少し邪魔かもしれません。そういう場合には、「設定」から「便利機能」をクリックしてスマートサイドバーをOFFにすれば設定完了です。これでサイドバーが表示されることはないので、安心してくださいね。このように実際に、OPPO RENOAを購入してみないと分からない点がいくつかあります。まずは、画面にこのようなサイドバーなどが表示されることを頭に入れておくとスムーズですね。是非、参考にしてみてください。

未分類 | 11.01.2020 0:00 | No Comments

arrows RXは写真加工も簡単!

arrows RXは、購入当初から既にインストールされている写真加工アプリ「lightroom」を使って、簡単に綺麗な写真をつくることができます。アプリ上のスライダーを動かすだけなので、難しい操作は一切ありません。せっかく撮った写真も背景がかすんでしまっては残念ですよね。そんな時にこの便利な編集アプリを使うことでかすんでしまった背景をくっきり、見せたい色をもっと色鮮やかに魅せてくれます。更には、逆光になってしまい影になった顔を明るく補正してくれるなど撮影した写真を自分好みに綺麗に編集できます。趣味のお花や旅行先で食べた食べ物、美しい景色何でも構いません。思い出をカメラに残しておきたい方、お孫さんやご家族、大切な人との記念にカメラを上手に使いたい、という年配の方にも安心して使って頂けるスマホになっています。是非、写真加工が簡単にできるlightroomを使って撮影を楽しんでみてはいかがでしょうか?

未分類 | 4.01.2020 0:00 | No Comments

Zenfone6は使いやすさ抜群!

画面が大きいからこそ、使う人の身になって設計されたデザイン「Zenfone6」じは、アイコンやコントロールキーの位置を見直して、再設計されています。これにより、本体側面に追加されたスマートキーを押すだけで、Googleアシスタントを素早く呼び出すことができるなど、忙しい時でも片手で簡単に操作できるように進化したデザインとなっています。画面が大きくて見やすいのは良くても、片手で上手く操作できなければ使いにくい、そんなユーザーの声をもとに再設計されたデザイン、更に処理に応じて瞬時にパフォーマンスが向上するAIブーストを搭載するなど細かな部分まで配慮されて作られたスマホです。また音楽を良く聴く方には嬉しい、躍動感まで聞こえる歪みのないNXPのスマートアンプをデュアルで搭載、高音質でクリアなサウンドが楽しめるオーディオ機能は最高に抜群です。是非新しいスマホとして一度、検討してみてはいかがでしょうか?

未分類 | 1.01.2020 0:00 | No Comments

Xperia5の価格は?

2019年秋モデルとして発売予定の「Xperia5」、早くの注目が集まっています。Xperiaシリーズをお使いの方も、新しくXperiaに変えたいなと検討中の方も、この機会にXperiaの最新シリーズ「Xperia5」について一緒にみていきましょう。気になる価格は、849ユーロで日本円で計算するとおよそ10万円程の価格となります。ただ、ドイツの公式価格ではそれよりも50ユーロ、およそ6,000円程度高く発表されているので、10~11万円と予想されます。ただし、毎回Xperiaシリーズにはかなり高額のおまけが付属しています。ワイヤレスや、イヤフォン、ノイズキャンセリングを合わせると25,000円程になっています。また、海外では日本円で10万円ほどで販売されていますが、実際Xperia1が日本で販売された時は、949ドルだったのでもう少し安くなる可能性があります。実際に確定している価格をみると、一括購入される場合はおよそ8万円ほど、分割分の手数料などを引くと6万円程度になりそうです。

未分類 | 31.12.2019 0:00 | No Comments

Galaxy Foldには仕切りがない!

折り畳み式のスマホというと、曲がる部分が実際にどうなっているのか、という点ではないでしょうか。galaxyFoldの内側のメイン画面に使われている素材はガラスではありません。折り曲げた時にもキレイな角度を演出してくれる「柔軟な樹脂」と「金属の複合素材」を用いた特殊な有機ELディスプレイ「Infinity Flex」を採用しています。そのため、中央の曲げた部分には物理的な仕切りや継ぎ目がないので画面いっぱいに映像を楽しむことができ、見た目も綺麗です。ただし曲がる部分は、厳密にいうと角度によっては「折り面」が見えることがあります。この折り面とは、ディスプレイ自体は均一でも開いた状態では若干緩やかなV字にくぼんだ形として見えます。正面から見ている限りでは全く気にならない程度なので、十分快適に使うことができます。ただし、背景が白い画面になるとこの折り目が目立つので全く気にならないとは言えませんが、十分な画面表示と言えるでしょう。

未分類 | 29.12.2019 0:00 | No Comments

Xperia8は防水機能もばっちり!

毎回、Xperiaシリーズは防水・防塵加工に優れていますが、今回の「Xperia8」も例外ではありません。IPX5/IPX8の防水性能と、IP6X相当の防塵性能を装備しています。多少の雨や濡れた出て画面を触ってしまっても、簡単に壊れるようなことはありません。旅行にでかけたり、アウトドアによく行かれる方も安心して使うことができます。プロセッサーはSDM630、メモリーも4GBあるので動画や写真を保存するのにも十分です。また内蔵ストレージは64GBとなっています。また本体だけでなく、外部記録媒体であるSDXCメモリーカードに対応しています。OSは、android9をプリインストールしているので快適に使うことが出来ます。バッテリー容量は、2760mAhと十分な容量を備えながらこれだけの機能を持っているので非常に使いやすいです。また電車通勤などおさいふケータイをよく使う方に嬉しいおさいふケータイ機能搭載なので、小銭を出す手間が省けます。

未分類 | 28.12.2019 0:00 | No Comments

おてがるスマホ01なら濡れた手でも反応する!

どうしても、洗面所や台所と言った水回りで作業していると、電話が鳴った時に濡れた手で触ってしまうこともあると思います。そんな時でも「おてがるスマホ01」なら安心して使うことができます。IPX5とIPX8防水機能が搭載されているので、少しくらい濡れた手で触っても故障することはありません。濡れた手で触ってしまった場合は、すぐに水気を拭き取れば大丈夫です。また急な雨や風にも対応してくれる防水機能がついているので、万が一の場合にも安心して使うことができます。旅行に出掛けたり、外で使うことが多い方もこれなら安心ですね。またスマホデビューとして「おてがるスマホ01」を選びたい方でも、安心して使えるスマホの基本操作や、最初の一歩が分かる冊子がついているので操作方法が分からない時には、参考にしながら見れば安心して使えます。どうしても分からない場合は、電話窓口でスタッフに直接確認することもできるので、安心して使ってみてください。

未分類 | 27.12.2019 0:00 | No Comments

pixel3aはイヤフォンジャックが復活!

毎日のように音楽を聴く、という習慣がある方にとってはイヤフォンジャックが非搭載だったpixel3は少し使いづらさを感じていた方も多いかもしれません。今回、2019年夏モデルとして登場したpixel3aは3.5mmのイヤフォンジャックが復活したデザインになっているので、使いやすくなっています。ハイスペックなpixel3も魅力的ですが、やっぱりイヤフォンジャックがついていないという点に不便さを感じている方も多いと思います。そういう場合に、pixel3aならイヤフォンジャックがついているので安心です。またpixel3aは、ディスプレイの描写性能であるHDRに非対応となっていますが、AI機能がついているのでカメラで写真を撮る時に、自動で綺麗に撮影してくれるため、そこまで気になるほどのレベルではありません。基本的なカメラのスペックで十分、という方であれば問題なく快適に使うことができます。このような違いがあるので、是非参考にしてみてくださいね。

未分類 | 25.12.2019 0:00 | No Comments

OPPO Reno 10X Zoomはトリプルカメラ!

スマホを選ぶ上でやっぱりカメラ性能を重視して選びたい、という方におすすめなのがOPPOの最新スマホ「Reno 10X Zoom」です!メインカメラは、なんと4800万画素、そして800万画素の超広角カメラ、そして1,300万画素の望遠カメラのトリプルカメラとなっているからです。SNSによく写真をアップされる方、おしゃれな写真を撮りたい方、カメラ性能を重視してスマホを選びたい方は、今注目のトリプルカメラを是非試してみてください。何といってもRENOの特徴は、光学手ブレ修正機能付きの「望遠カメラ」にあります!焦点距離が130mmとなっていて、メインカメラに対しては5倍、超広角カメラに対しては約8.1倍のズーム撮影が可能になっています。撮影をすると、若干のゆがみは見られますがほとんど気にならないレベルです。ズームアップして撮影した建物のレリーフのディテールもはっきり写すことができます。よく旅行に行かれる方、遠くの建物までくっきりキレイに撮影を楽しみたい方におすすめです。

未分類 | 24.12.2019 0:00 | No Comments

LG-style2はデュアルカメラ搭載!

今までみた美しい景色をカメラに収めようとレンズを向けても、フレームに入りきらなかった、という経験はないでしょうか?せっかくの美しい景色もレンズに収まらないと残念ですよね。そんな時は、LG-style2のデュアルカメラを試してみてください。広角撮影を楽しめるデュアルカメラ搭載なので、これまでフレームに入りきらなかった景色もすっきり収めることができます。思い通りのレイアウトを楽しめる点もLG-style2の魅力です。またカメラを向ければ、被写体を検知して最も適切なモードで撮影してくれるAIカメラを搭載しています。カメラで写真を撮るのが初めてという方でも、AIが反応してくれるので簡単に綺麗な写真を撮ることができます。新しいスマホに変えて一歩先のカメラライフを楽しみたい方、是非いかがでしょうか?ちなみに有効画素数は、外側のカメラで1620万画素と1310万画素、内側のカメラで810マン画素となっているので、かなり細かい部分まで綺麗に撮影することができます。参照先URL

未分類 | 22.12.2019 0:00 | No Comments