Galaxy 具楽部 http://www.claygalaxy.com Wed, 20 Apr 2022 06:00:00 +0000 ja hourly 1 http://wordpress.org/?v=3.2.1 2万円台で機能も充実しているスマホ「モトローラ・モビリティ・ジャパン moto g ProPAK00014JP」 http://www.claygalaxy.com/2022/04/21/diary-20220421/ http://www.claygalaxy.com/2022/04/21/diary-20220421/#comments Wed, 20 Apr 2022 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/claygalaxycom/2022/04/21/diary-20220421/ “今では3万円を切るスマートフォンが増えてきました。というのも、中華スマホなど海外製スマートフォンが安いため、しれつな販売競争に勝つため価格がおさえられているスマートフォンが増えたためです。
そんな過当競争時代に突入しているスマートフォンですが、安さ、スペックの安定感で「モトローラ・モビリティ・ジャパン moto g ProPAK00014JP」が売れています。
モトローラ・モビリティ・ジャパン moto g ProPAK00014JPの価格は、「平均では20,388円(税込)、Yahoo!では20,388円(税込)、楽天では22,799円(税込)、Amazonでは23,000円(税込)」です。モトローラ・モビリティ・ジャパン moto g ProPAK00014JPと同性能のスマートフォンでは、3万円を切るスマートフォンがほとんど見つからないことを考えると、モトローラ・モビリティ・ジャパン moto g ProPAK00014JPは買いといえるほど優秀なモデルです。
ただ、このようなスマートフォンを見かけた際は、ハイスペックスマートフォンと混同しないように注意してください。今ではハイスペックスマートフォンに該当するスマートフォンが5万円以内でも購入できる時代です。ですが、これらのスマートフォンはハイエンドモデルに該当するモデルなので、モトローラ・モビリティ・ジャパン moto g ProPAK00014JPとは根本から別物なのです。
モトローラ・モビリティ・ジャパン moto g ProPAK00014JPのようなミドルレンジモデルは、平均的なスペックを誇るスマートフォンとして開発されているので、ハイエンドモデルに比べて「欠点が複数見当たる」ケースも少なくありません。
そんなモトローラ・モビリティ・ジャパン moto g ProPAK00014JPの特徴を簡単にまとめると、「細かい操作が可能なスタイラスペン付き、カメラは高画素とされる4,800万画素、マイクロセンサー搭載、スピーカーは音響会社Dolbyのデュアルステレオスピーカーを採用」となっておりますので、ゲームアプリを楽しむ、もしくは動画視聴を楽しみたい人であれば、なかなかモトローラ・モビリティ・ジャパン moto g ProPAK00014JPよりよいものは見つからない可能性があります。
モトローラ・モビリティ・ジャパン moto g ProPAK00014JPの詳細スペックですが、「画面サイズが6.40インチ、重量は192g、ROMは128GB、本体サイズは158.55×75.8×9.2mm、OSはAndroid 10.0、メンテナンスは2年間、バッテリー容量は4,000mAh、防水・防塵機能なし、CPUはQualcomm® Snapdragon™ 665 モバイルプロセッサー」です。
一般的なスマートフォンの場合、バッテリー容量は3,000mAhのものが多いため、シンプルにバッテリー容量のみでも、モトローラ・モビリティ・ジャパン moto g ProPAK00014JPは圧倒的な性能を誇ります。
しかもROMは通常のものの2倍はありますし、CPUのパーツが古いモデルというわけではありません。そのため今では、中華スマホ並みにモトローラ・モビリティ・ジャパン moto g ProPAK00014JPが支持されているのです。”

]]>
http://www.claygalaxy.com/2022/04/21/diary-20220421/feed/ 0
5G対応スマホの「Xiaomi Redmi Note 10 JE XIG02」とは? http://www.claygalaxy.com/2021/11/27/diary-20211127/ http://www.claygalaxy.com/2021/11/27/diary-20211127/#comments Fri, 26 Nov 2021 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/claygalaxycom/2021/11/27/diary-20211127/ “5Gが登場したことで様々な機器を同時にネットワーク接続できるため、多くのシーンで役立つlotの普及にも繋がっていきます。
その5Gに対応しているスマートフォンは数多くの機器メーカーから様々な機種が発売されていますが、その中の一つに「Xiaomi Redmi Note 10 JE XIG02」という5Gスマホがあり、クオリティの高い写真を撮影することができる高性能カメラや多くのゲームでは快適レベルで遊ぶことができる高性能CPU、高い没入感も実現している高精細大型ディスプレイや長時間使用でも安心して使用できる大容量バッテリーなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで価格は約28000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約76ミリ、高さ約163ミリ、厚さ約9ミリ、重さ約200gという薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはグラファイトグレーとクロームシルバーの2色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが90Hzに対応して解像度FHD+ 2400×1080でアスペクト比20:9の約6.5インチIPS液晶ディスプレイを搭載しており、バッテリーは18Wの急速充電に対応している4800mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 480 5G SM4350 2.0GHz オタクコアプロセッサでメモリはRAMが4GB、内蔵ストレージは64GBでmicroSDカードを使用することで最大1TBまで拡張することができます。
カメラはF値1.7の明るいレンズがついた約4800万画素+マクロ撮影ができる約200万画素+深度レンズがついた約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約800万画素のインカメラが搭載されています。
また、メインカメラにはパンチホール式を採用しており、AI自動シーン認識、背景ぼかし、広角撮影、HDR、オートフォーカス、フラッシュ、顔認識、タッチフォーカス、ビューティモードなどの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(MIUI 12.5)でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでハイレゾ音源に対応して接続端子はUSB Type-Cになっています。”

]]>
http://www.claygalaxy.com/2021/11/27/diary-20211127/feed/ 0
5G対応スマホの「vivo Y52 5G」とは? http://www.claygalaxy.com/2021/10/19/diary-20211019/ http://www.claygalaxy.com/2021/10/19/diary-20211019/#comments Mon, 18 Oct 2021 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/claygalaxycom/2021/10/19/diary-20211019/ “5Gの最大通信速度は4Gの約100倍になるとされており、この5Gに対応しているスマートフォンであれば約2時間の映画を数秒でダウンロードして楽しむことができるのです。
その5Gに対応しているスマートフォンには様々な機種がありますが、その中の一つに「vivo Y52 5G」という5Gスマホがあり、シャープな色彩で映像の美しさと高い没入感も味わえる高精細大型ディスプレイや明るくて鮮やかな写真を撮ることが可能な高性能カメラ、最適な動作スピードを発揮する高性能CPUや長時間使用でも安心して使用できる大容量バッテリーなどを搭載したミッドロークラスのアンドロイドスマートフォンで価格は約29000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約75ミリ、高さ約163ミリ、厚さ約8.5ミリ、重さ約193gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはブルーとブラックの2色が用意されています。
ディスプレイは解像度FHD+ 2408×1080でアスペクト比20:9の約6.5インチIPS液晶ディスプレイを搭載しており、バッテリーは18Wの急速充電に対応している5000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはMediaTek Dimensity 700 MT6833 2.2GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが4GB、内蔵ストレージは128GBモデルでmicroSDカードを使用することで最大256GBまで拡張することができます。
カメラはF値1.7の明るいレンズがついた約4800万画素+超広角レンズがついた約800万画素+深度レンズがついた約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約800万画素のインカメラが搭載されています。
また、メインカメラにはパンチホール式を採用しており、レーザーオートフォーカス、デュアルトーンLEDフラッシュ、電子式手ぶれ補正、HDR、パノラマモード、スローモーション撮影、ポートレートモード、スーパーナイトモード、ビューティーモード、4K動画撮影などの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(Funtouch OS 11.1)でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで接続端子はUSB Type-Cになっています。”

]]>
http://www.claygalaxy.com/2021/10/19/diary-20211019/feed/ 0
5G対応スマホの「OPPO A53s 5G」とは? http://www.claygalaxy.com/2021/10/10/diary-20211010/ http://www.claygalaxy.com/2021/10/10/diary-20211010/#comments Sat, 09 Oct 2021 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/claygalaxycom/2021/10/10/diary-20211010/ “5Gでは遠くに電波を飛ばすビームフォーミングやビームトラッキングという技術によって高速大容量通信を実現させています。
その5Gに対応しているスマートフォンにはローエンドクラスからハイスペッククラスまでの様々な機種がありますが、その中の一つに「OPPO A53s 5G」という5Gスマホがあり、豊富な撮影モードも搭載した高性能カメラや大容量メモリを搭載して遅延なくスムーズに動作する高性能CPU、どこでも見やすい高精細大型ディスプレイや残量を気にせず楽しめる大容量バッテリーなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM6GB/128GBモデルが約22000円でRAM8GB/128GBモデルが約25000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約75ミリ、高さ約163ミリ、厚さ約8.4ミリ、重さ約189gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはブルーとブラックの2色が用意されています。
ディスプレイは解像度1600×720でアスペクト比20:9の約6.5インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは10Wの急速充電に対応している5000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはMediaTek Dimensity 700 MT6833 2.2GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが6GBモデルと8GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBでmicroSDカードを使用することで最大256GBまで増設することができます。
カメラはF値2.2の明るいレンズがついた約1300万画素+マクロ撮影ができる約200万画素+深度レンズがついた約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約800万画素のインカメラが搭載されています。
また、メインカメラにはパンチホール式を採用しており、光学式手ぶれ補正、HDR、レーザーオートフォーカス、デュアルトーンLEDフラッシュ、スローモーション撮影、ビューティーモード、4K動画撮影などの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(Color OS 11.1)でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでイヤホンジャックがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

]]>
http://www.claygalaxy.com/2021/10/10/diary-20211010/feed/ 0
話題の「Apple iPone12 Pro」の特徴、価格は? http://www.claygalaxy.com/2021/07/23/diary-20210723/ http://www.claygalaxy.com/2021/07/23/diary-20210723/#comments Thu, 22 Jul 2021 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/claygalaxycom/2021/07/23/diary-20210723/ “Apple iPoneシリーズの新モデルとして誕生した「Apple iPone12 Pro」ですが、購入先によってかなり価格が変動するので注意してください。
例えば、Apple iPone12 Proはdocomoで購入すると安い・・・と言われていますが、実際はそれほど安くはありません。ストレージ容量128GBのものであれば86,064円、256GBのものであれば95,040円、512GBのものであれば112,992円だからです。5G対応スマートフォンの多くは11万円を超えるので安い・・・と感じるかもしれません。ですが、auやSoftbankでは、128GBのものであれば67,735円、256GBのものであれば74,750円、512GBのものであれば89,930円で購入できます。ややSoftbankのほうが高い状況となっていますが、ネット上の評判のみでdocomoなら安いと思いこむのはよくないということです。
スペックが高いと噂されているApple iPone12 Proのスペックですが、「本体サイズが高さ146.7mm×幅78.1 mm×厚さ7.4 mm、画面サイズは6.1インチ、重量は187g、用意されているカラーはシルバー・グラファイト・ゴールド・パシフィックブルー」となります。5G対応スマートフォンの中ではこぶりな構成となっていますので、ワイドボディのスマートフォンは大きすぎると感じる人であれば、Apple iPone12 Proをオススメすることができます。
Apple iPone12 Proの処理性能ですが、「RAMは6GB、ROMは128GB/256GB/512GB、CPUはA14 Bionic、バッテリー容量で可能なビデオの再生時間は最大17時間、ストリーミングの場合は最大11時間、オーディオ再生のみであれば最大65時間」となっています。
このようにハイスペックスマートフォンとして完成の域にあるApple iPone12 Proですが、実は「Apple iPone12 Proはトリプルカメラ搭載」のモデルとなっておりますので、クアッドカメラ搭載の中華スマホに比べるとカメラ性能が劣っているので注意してください。その代わり、Apple iPone12 ProにはLiDARスキャナが搭載されているため、従来のスマートフォンよりも写真撮影を楽しめます。”

]]>
http://www.claygalaxy.com/2021/07/23/diary-20210723/feed/ 0
1.7万で4眼レンズ?!Redmi 9T http://www.claygalaxy.com/2021/05/29/diary-20210529/ http://www.claygalaxy.com/2021/05/29/diary-20210529/#comments Fri, 28 May 2021 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/claygalaxycom/2021/05/29/diary-20210529/ “中国の人気スマホメーカー、シャオミから1.7万で四眼レンズを搭載した「Redmi 9T」をご紹介します。日本国内でもシャオミのスマートフォンは人気が高く、気になっている方も多いのではないでしょうか。シャオミは、設立からわずか数年で世界でもトップクラスのシェア数を誇る人気メーカーで、機能性はもちろんデザイン、コストの面においても文句なしの価格になっています。今回は、そんなシャオミの人気スマートフォン「Redmi 9T」について見ていきましょう。
Redmi 9Tは、2021年2月5日に発売されたモデルで4800万画素のメインカメラに800万画素の超広角カメラと、それぞれ200万画素のマクロカメラと深度センサーを搭載したクアッドカメラとなっています。明るく鮮明な撮影が可能で、SNSに写真や動画をよくアップする方にもおすすめの一台となっています。
また画面は、FDR+でデュアルスピーカーや赤外線リモコンにも対応している優れものです。普段からスマホでリモコン操作をされている方、音楽をよく聴く方も快適に使えるでしょう。この機会にスマホでリモコン操作ができるようにしてみたい方、試してみた方も気軽にお試しできるコストパフォーマンスの良さも人気の秘訣といえますね。
他にもスマホを手に取ってみた時に指紋がつきにくいデザインになっていたり、本体側面に指紋センサーが搭載されているため使いやすいです。
そんなRedmi 9Tのチップセットにはsnapdragon662を採用しており、4GBのメモリーと64GBのストレージ搭載なので動作も軽快で快適です。アプリをダウンロードしたり、写真や動画の保存であれば問題ありません。
6000mAhの大容量バッテリーにより、一日中快適に操作できる点も魅力です。ただ万が一、充電が切れそうになってしまった場合には18Wの急速充電に対応しているので外出先でも短時間で充電することができます。また本体を購入した時に付属品として22.5Wの急速充電器にも同梱されているので別途で購入する必要もなく、すぐに便利な急速充電を体験できます。他メーカーでは、急速充電に対応していても充電器を購入しなければならないことが多いのでこの点はとても便利ですね。
約6.53インチの大画面ディスプレイなのに、重さは約198gと軽量ボディ、おしゃれなオーシャングリーンとシックなカーボングレーの二色から選べます。どちらも2万円以下とは思えないデザインになっています。是非、一度検討してみてはいかがでしょうか。”

]]>
http://www.claygalaxy.com/2021/05/29/diary-20210529/feed/ 0
スリムで軽量ボディが◎!Xperia 10 II http://www.claygalaxy.com/2021/05/19/diary-20210519/ http://www.claygalaxy.com/2021/05/19/diary-20210519/#comments Tue, 18 May 2021 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/claygalaxycom/2021/05/19/diary-20210519/ “本体重量わずか151gと超軽量ボディで、持ち運びにも便利な「Xperia 10Ⅱ」が登場しました。普段の生活をちょっと便利に、動画を見たり写真撮影を行ったり毎日の体験を上質なものに仕上げてくれる一台となっています。毎日使うものだからこそ、快適に使いたいものですよね。これから買い替えを検討している方、新しいスマートフォンをお探しの方は是非検討してみてください。
まずは、ディスプレイについて見ていきましょう。実は、数々のシリーズを生み出してきたXperiaシリーズの中でも初となる有機ELディスプレイを搭載しています。21:9のシネマワイドディスプレイにより迫力満点の映像を楽しめます。細部にまでこだわってつくられた豊かで美しい色合いや繊細な色の違いも表現してくれるので、撮影の幅が広がります。特にSNSに写真を載せたい方、思い出のシーンをより美しく繊細に撮影したい方におすすめします。
また他にはない縦長ディスプレイを活用し、二つのアプリを同時に開くことができる便利な機能も搭載しています。例えば、動画をみながらショッピングをしたり、SNSでメッセージのやり取りをしながら地図を検索することも可能です。集合場所が分からない、といった時にも地図をみながらやり取りできるので画面の切り替えを行う必要もなく、スムーズに連絡することができます。こうしたマルチディスプレイは、縦長ディスプレイだからこそ可能な機能なので、是非一度体験してみてください。他にも、英語の綴りを見ながら発音を確認するといった学習面でも十分に活用できます。仕事上で、様々なタスクを同時にこなさないといけない、といった場合にも重宝する機能となっているので是非試してみてください。
そしてカメラは、人物だけでなく風景もダイナミックに表現してくれる「超広角レンズ」と繊細なディテールまで映し出してくれる「標準レンズ」に、遠くにあるものでも大きくより美しく撮影してくれる「望遠レンズ」の三つが搭載されています。
また難しい設定をしなくても、SONYの最先端技術によって簡単に綺麗な写真を撮影できます。動画や写真を撮りたいけど、難しい設定は苦手という方でも購入したその日からまるでプロが撮ったような美しい撮影ができるのは嬉しいですね。
他にも151gと超軽量ボディなので、持ちやすく使いやすさも抜群です。また水回りでも安心して使えるので、様々なシーンで役立つでしょう。
バッテリーは3600mAhと標準ですが、劣化しにくい独自の充電技術によって2年間は安心して使えます。なるべく長く大切に使いたい方におすすめです。是非、一度Xperia10Ⅱを検討してみてはいかがでしょうか。”参照

]]>
http://www.claygalaxy.com/2021/05/19/diary-20210519/feed/ 0
ミドルレンジモデル!Mi Note 10 http://www.claygalaxy.com/2021/03/31/diary-20210331/ http://www.claygalaxy.com/2021/03/31/diary-20210331/#comments Tue, 30 Mar 2021 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/claygalaxycom/2021/03/31/diary-20210331/ “androidスマホは、大きく分けるとエントリーモデル、ミドルレンジモデル、ハイスペックモデルの三つに分けることができます。今回は、そんな中でもスペックはもちろん価格も安すぎず高すぎない、中間レベルのミドルレンジモデル「Mi Note 10」をご紹介したいと思います。
Mi Note 10は、今最も注目を集めているスマホメーカー「シャオミ」から発売されているSIMフリーのandroidスマートフォンです。大きな特徴は、メインカメラをはじめとした5つのレンズを搭載している点です。例えば遠くにあるものを大きく拡大して撮影したり、ダイナミックな写真を撮りたい、といった様々なシーンに合わせて対応できるスマートフォンとなっています。またメインカメラには1億800万画素の超解像度カメラを搭載しているので非常にきめ細かい色鮮やかな写真を簡単に撮ることができます。また、4軸光学式の手振れ補正機能を搭載しているため、移動しながら撮影してもブレのない綺麗な撮影が可能です。例えばバスに乗りながら撮影をしたり、揺れの多いシーンでも綺麗な撮影を可能にしている点が魅力です。日中はもちろん、夜景などナイトモードでも綺麗に撮れるので嬉しいですね。
最近では、カメラ性能を重視して選ぶ方も増えているので、価格はある程度抑えながらも綺麗に撮れるスマホがいいなという方に選ばれています。
ちなみにディスプレイは、6.47インチの有機ELディスプレイを搭載、バッテリーも5260mAhと大容量なのですぐに充電できない移動先でも安心して使うことができます。RAMも6GB、ROMが128GBあるのでアプリやゲームをダウンロードしたり、動画撮影をしても十分な容量となっています。CPUにはクアルコム製のSnapdragon 730Gを搭載しているので、処理能力も十分です。
これよりもハイスペックなモデルをお探しの方、ぬるぬるサクサク動くスマホがいいなという方はミドルレンジモデルではなく、最新のチップセットを搭載したハイスペックモデルをおすすめします。ただそうなると、価格が一気に上がってしまうので普段どんな使い方をしているか改めて考えながら選んでみてください。
そんなにハイスペックなスマホは使いこなせないなという方は、snapdragon730Gあたりを参考に考えてください。迷っている方は是非、「Mi Note 10」を検討してみてください。”

]]>
http://www.claygalaxy.com/2021/03/31/diary-20210331/feed/ 0
AQUOS zero5G basic DXとは? http://www.claygalaxy.com/2021/03/19/diary-20210319/ http://www.claygalaxy.com/2021/03/19/diary-20210319/#comments Thu, 18 Mar 2021 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/claygalaxycom/2021/03/19/diary-20210319/ “今回は、スマホの買い替えを検討されている皆さんに「AQUOS zero5G basic DX」をご紹介します。ディスプレイは、6.4インチと大画面ながら240Hzの4倍速表示に対応しているので非常に滑らかです。またタッチ検出も4倍速なので、表示の滑らかさだけでなくスマホの画面に触れてから反応するまでの時間が短いという点も大きな魅力といえるでしょう。ちなみにタッチスピードが遅いと、画面に触れてから反応するまで時間がかかるのでスピードを重視するゲームの場合、かくかくしてしまったりボタンを押しても反応しないといったことが起こります。もし、普段からオンラインゲームをされる方は、こうしたタッチ検出についても確認しておくと安心ですね。
パフォーマンスについては、CPUにsnapdragon 765 5G mobile platformを搭載しています。これは、参考ランクとしては上位2番目にあたるCPUにあたります。スマホを買い換えるなら、最高品質のモデルを購入したいという方には多少物足りなさを感じてしまうかもしれません。ただ、数年同じスマホを使っている方、これから買い替えを検討されている方には十分な性能を搭載しているので安心してください。内蔵メモリには、8GBのRAMと128GBのROMが搭載されているので容量としては十分ですね。
5G対応スマホということで、現在発売されているモデルはだいたい10万円前後で販売されています。そうした中で、今回ご紹介している「Galaxy zero5G basic DX」は、本体価格が8万円ちょっとなので他社モデルと比較するとかなり金額が抑えられていると言えるでしょう。またauの「かえトクプログラム」を適用して購入した場合、5万円以下で購入できるのでとてもお得です。
安価な価格を実現しているのは、CPUに2番目にあたるチップを使っているからだと言えるでしょう。もしCPUにこだわがなければ問題なく使えるスマートフォンですので、是非候補の一つとして考えてみてはいかがでしょうか。
その他、カメラについては4800万画素の標準カメラをメインとした1310万画素の広角カメラと、800万画素の望遠カメラの三つが搭載されたトリプルカメラという点も非常に魅力的ですね。普段から撮影を楽しみたい方、SNSを利用されている方にも文句なしの一台と言えるでしょう。
最後に防水防塵、おサイフケータイも使えるので今最も注目されているスマホの一つといえますね。是非一度検討してみてはいかがでしょうか。”

]]>
http://www.claygalaxy.com/2021/03/19/diary-20210319/feed/ 0
OPPO Find X2 Proとは? http://www.claygalaxy.com/2021/02/28/diary-20210228/ http://www.claygalaxy.com/2021/02/28/diary-20210228/#comments Sat, 27 Feb 2021 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/claygalaxycom/2021/02/28/diary-20210228/ “今回は、2020年7月22日に発売されたOPPOの「Find X2 Pro」をご紹介したいと思います。世界でもシェア率ベスト5に入る人気のOPPOシリーズですが、今回のFind X2 Proはフラグシップモデルで5Gに対応した最新機種となっています。ただし本体価格は、9万2040円なので決して安くはありません。ただし、au限定での販売となっているので少しでもお得に購入したい方は、「かえトクプログラム」を利用するといいですね。このキャンペーンを利用すれば、実質5万5200円で購入できるのでとてもお得です。
それでは、5G対応の最新スマホ「OPPO Find X2 Pro」について見ていきましょう。ちなみに前モデルであるFind Xは、インカメラが飛び出す構造になっておりあまりないデザインとして注目を集めました。ただあまりないデザインということもあり、どちらかというとマニア向けのスマートフォンでしたが、今回登場したFind X2 Proは6.7インチの大画面ディスプレイに高性能カメラが搭載されていて、今流行りのデザインになっています。トレンドを抑えつつ、マニアだけでなく男女ともに年齢を問わずどんな方にも使って頂けるような万人受けしそうな人気のモデル、デザインになっています。
ただし、6.7インチあるので初めて手に持った感じでは大きいな、重たいと感じるかもしれません。ブラックが217g、オレンジが200gなので他社のスマートフォンと比較しても大きくて重たい印象です。それでも、大画面ディスプレイで迫力のある映像を楽しみたいという皆さんにはとてもおすすめです。スマホを使う時に、大きな画面で映像を楽しみたい方、一度に表示される情報量が多い方がスクロールする回数も減るのでその方が操作しやすい、という方もいると思います。携帯用として軽くて持ち運びしやすいものをお探しの方には、不向きかもしれませんが迫力のある映像を楽しみたい方、やっぱり大きな画面がいいなという方は是非検討してみてください。
またFind X2 Proの魅力の一つは、4800万画素のメインカメラに加えて4800万画素の超広角カメラと1300万画素の望遠カメラを搭載したトリプルレンズになっている点です。最大10倍のハイブリットズームに対応しているので、様々な画角で美しく綺麗に撮れます。またAIが自動で被写体を認識してくれるので初心者でも簡単に綺麗な写真を撮ることができます。
少し大きな画面で楽しみたい方、今までにない新しいFind X2 Proを楽しみたい方、是非一度検討してみてはいかがでしょうか。”

]]>
http://www.claygalaxy.com/2021/02/28/diary-20210228/feed/ 0